感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2014/07/02


もともと女性は男性に比べて体の代謝量が少なく、気温の変化に敏感!
だから、「冷え」に悩む女性が多いんですよね。

「冷え」は、コリや頭痛、生理痛など困ったトラブルの原因にもなり、
肉体の色々な部分に嫌な症状としてあらわれてきます。

そして、最も厄介なのは、
減量の邪魔をするということ!

スムーズに減量するためには、
肉体を温かく保ちながら、代謝をアップさせることが大切ですが、
「冷え」があるとなかなか代謝が上がらず、
減量の成功につながりにくいのです。

「冷え」は、手足だけが冷たいと思いがちですが、
実は、内臓まで冷えきっている場合も多いのです。

胃が冷えていれば、食べ物をうまく消化できませんから、
未消化の食べ物が腸にたまり、便秘や栄養の吸収不足の原因になります。

減量に効果的な
ビタミンやミネラル、アミノ酸等が十分に吸収されなければ、
脂肪を燃やすことができず、
減量効果が出にくい肉体になってしまうんですよね。

しかも、冷えて寒いときって、肉体がギュッと縮こまりますよね。
肉体が硬くなれば、血液の流れも悪くなり、
たとえどんなにいい栄養を摂っても、
肉体の隅々までその栄養分が行き渡らないのです。

大人になっても、
あごやクチの周りに紫色のニキビができやすいという人は、
たいてい「内側の冷え」があるタイプです。
まず肉体を温めないと、減量を成功させることも
ニキビを治すこともできませんよ!

減量を成功させるために、
そして、美しさをキープするためには、
まず冷えを解消して、肉体全体の栄養状態をよくすることが重要なのです。

もし、みなさまも「冷え」が気になるようでしたら、
自分の食生活を振り返ってみてくださいね。

感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報