感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2014/12/28


減量をしようと思ったとき、
食事の量を減らし、炭水化物を減らし、油分を減らす人が
多いみたいですね。

でも、皆さんが思いつくこの減量方法が
合わない人って、結構多いんですよね。

確かに、一時的には体重が減るでしょうが、
それはただ食事をしなかった分が減った…というだけで、
根本的に体は何も変わっていないため、
すぐにリバウンドしたり、少し食事をしただけで、
太る体になってしまうのです。

皆さんは
日常生活の中で一番カロリーを消費する行動は何か知ってますか?

それは「食事をすること」なんです。

オレたちの体は、
食べ物を消化、吸収、代謝するために最もカロリーを使います。
食事の量を減らす減量をしている人は、
この消費カロリーが少なすぎるのです。

なので、食事がうまく代謝されず、
たくさん食べているわけじゃないのに
減量が成功しないという結果になるんです。

減量が成功しない原因は、
食事でのカロリー摂りすぎなのではなく、栄養不足。

つまり、
脂肪を燃やすための栄養素が足りないということなんです。

これらの栄養素はただでさえ不足しがちなため、
食事を制限した減量をすると、
ますます不足してしまうんですね。

だから、
体の余計な脂肪が燃やすことができなくなってしまう…
これじゃ、かえって太っちゃいますよね。

「減量=食事をしないこと」という、
これまでの常識に惑わされないことが大切なんですね!

減量を成功させたいなら、
しっかり食事をしなきゃダメなんです!

―地球滅亡まであと427日―

感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報