感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2015/01/20


濃いめの味の料理が好きだという人は、
減量の時には、食生活に気をつけるべきです。

なぜ濃いめの味付けが、
減量にとってはよくないかというと…

濃い料理をクチにすると、
舌にちょっとした刺激を感じませんか?
この舌への刺激を解消しようとして、
何かで中和しようとするんです。

最も手っ取り早いのは、
ライスをクチに入れることなんですよね。

ライスで先ほどの味をいったんリセットして、
また次の料理を食べるという習慣がありませんか?
このような食べ方をしていると、
どうしてもライスを多めに食べてしまいます。

ライスは炭水化物の塊です。
もちろん、炭水化物は我々にとっては必要な栄養源です。
全部カットする必要はありません。

しかし、
炭水化物の摂りすぎは減量にとってはよくないのです。
炭水化物を摂りすぎると、
余分なものは脂肪という形で貯蔵されてしまうからです。

ですから、
炭水化物はあまり摂りすぎないようにするのが、
減量にとってはベスト!
ということは、
ライスをクチに運びやすくする
濃いめの料理はNGというわけです。

よく濃い料理をよく食べると、
塩分が多いから身体にもよくないといいますね?
確かに濃い料理には、塩分が高めのものが多いですよね。

さらに、もう一つの落とし穴が…
それは、糖分も多いということです。

濃い料理をイメージしてみると、
いわゆる「甘辛い」料理というのが多いような気がしませんか?

甘辛い料理というと、
醤油と砂糖がふんだんに使われている料理ですよね。

砂糖は、減量をしている人にとっては、
一種の天敵とも言える食材。
この天敵を知らず知らずのうちに、
クチにしてしまっているわけです。

応援クリックしてね・・・プチ
感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報