レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/06/14

シェイプアップをしようと考えている皆様、
もしかするとシェイプアップというのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
体操を連日やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
シェイプアップに一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きとシェイプアップ…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

皆様は、食事をした後に歯磨きをしていますか?
一日に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、ミーが提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらいシェイプアップとは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて妹から言われたとします。

もし、大好きなおかしならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
おかしを食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、明日の7時にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたおかしの分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報