レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/09/19

子供のからだは大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食事が来るはるか前にお腹が空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

10時食後の午前10時頃や、11時食後の午後3時頃は、
子供にとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるためにお腹が空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

子供におやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食事の時間になっても血糖値が下がらないので、
お腹が空かなくなってしまう…

そのため正規の食事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでも子供は全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家の子供たちはおかしが大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報