レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2016/05/11


家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

減量をする時って、
「腹がすいた時、食べ物をちゃんと我慢できるだろうか?」
という不安ありませんか?

別に食べたらからといって、
何らかの罰則があるというわけではありませんし、
減量中に食べ物を食べて、
他人から非難されることもありません。

だから、
「食べない」という意思を持ち続けることに
不安を感じるんですよね。

やっぱり
減量の最大の敵は…
「腹がすくこと」なんでしょうか?

でもね…

腹がすいた時、
ちょうど何かの作業をしていて、
食べ物を食べられなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、
少し何か食べようとした時には、
それほど腹がすいていない…

こんな経験をした人って、結構いると思うんですが…

「腹がすいた」という感覚は、
他に集中して行わなければならないことがあったりすると、
忘れてしまうものなんですよね。

だから、
「腹が減ったなぁ~」と感じたら、
何でもいいので、自分の興味のあることに集中してみましょう。
メールをするのもよし、友達と話をしたり…

他のことに集中をしていると
空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

オンラインゲームなど、手を動かすことをしていると、
おかしの袋に手が伸びることも防げますよ!

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

友達とケータイでしゃべっていたら、
このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

減量の最大の敵「空腹感」も、
意外と簡単にやっつけることができるんじゃないでしょうか?

―地球滅亡まであと427日―
レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報