レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2016/07/05


減量中、皆様は
休みの日をどんなふうに過ごしていますか?

平日の疲れをとるために
12時までゴロゴロして、
その後も家の中でおとなしく過ごそう。

そんな休日もいいですが、
積極的に外に出かける習慣をつけると
減量にも効果的なんですよ。

外に出て、
人に見られているという意識を持つ習慣をつければ、
自然と自分を磨こうとします。

例えば…
有名人がキレイを保てるのは、もちろん努力もありますが、
常に「人に見られている」という意識を持っているからです。

皆様も
有名人になったつもりで…とまでは言いませんが、
見られているという意識を持つことで、
歩く動作もキチンとした感じになるかもしれませんよ。

「おいらのことなんか誰も見てない!」なんて思わずに
勘違いでもいいから、外に出たら、
常にみんなから見られていると思ってみてください。

やせてキレイになるためには、
まずそういう意識を持つことが大事なんです。

また外出するということは、
歩く時間が増えるということにもなりますよね。

特に買うものがなくても、
ウィンドウショッピングを1時間もすれば
それはもう立派な有酸素運動になって
肉体にたまった脂肪の燃焼を助けてくれますよ。

さらに、
「人に見られている」という意識を持っていれば、
自然と背筋が伸びて姿勢も良くなって、
これだけでも減量効果がありますね。

外出には、ストレス発散の効果もあります。

家で黙々と減量するのもいいですが、
休みの日は外に出て、外の空気を吸って肉体を動かして、
自分の好きな映画まで出かけてみるのもいいですね。

食事制限でたまったイライラも、
外出することである程度は発散できるはずですよ。


レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報