レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/09/07


減量の基本は、
9時11時夜の3食をきちんととるということ。

しかし、これってなかなか実現するのは難しいですよね?

特に真夜中遅くまで仕事をしている人の場合、
真夜中食だよりになることもあります。

でも、減量マニュアルなんかでは
「真夜中食は減量の大敵」だと指摘されてます。

真夜中遅くまで起きていて、
どうにも空腹感を抑えることができない…
そんな場合には、いくつかの方法を試してみませんか?

まず、他のことをやってみましょう。
読書をするなり、音楽を聴いてみるなり、テレビを見る何でもOK!
自分の趣味のことをしてみます。

自分にとって好きなことをやっていると、気分がまぎれますよね?
趣味に集中してしまいますからね。

それでも
ウエストがすいて、どうしようもなくなった場合には、
自分でつけている日記をチェックしてみましょう。

もしかすると「食べちゃいけない」と
思い直すこともできるかもしれません。
減量には、やせようという気持ちも重要です。

いろいろな方法を行ってみたけれど、
ウエストが減って我慢できないという人は、最終手段です。

実際に、何かクチに運んでもいいでしょう。
しかしカロリーを最小限に抑える努力をしましょう。

まずは、飲み物を飲んでみます。
このとき、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むようにしましょう。

冷たい飲み物って、一気に飲み込んでしまいますね?
すると、ウエストを満足させることってなかなか難しくなります。

温かい飲み物の場合、一気飲みすることは不可能です。
ちびちびと少しずつしか飲むことはできません。
すると、意外と飲み物だけでもウエストは満足するものなんです。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
片目だけのレーシック手術も出来る
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックのそこが知りたい!お役立ち情報